「ミドリ・イトウも同じ」坂本花織2019世界選手権FS海外の反応

2019年世界選手権女子SPで2位につけていた坂本花織選手。

 

フリーでは一本のジャンプの抜けが響いて5位となりました。

 

ミスまでの流れが完璧だっただけに惜しまれますね・・・。

 

正直例年なら表彰台に上がれる質の演技でしたが、

今年はトップクラスのみんなの完成度が高すぎました。

 

海外のファンも坂本選手の演技を称賛していますよ。

関連:「マリアナ海溝より深いエッジ」坂本花織2019世界選手権SP海外の反応

 

坂本花織2019世界選手権FS「ピアノ・レッスン」動画とプロトコル

 

The Piano/ピアノレッスンより
振付:ブノワ・リショー

スコア:145.97(TES:72.71/PCS: 73.26)

順位:5位

総合:5位

 

プロトコル(クリックで拡大)

 

関連:「100万回リピートする」坂本花織2018年全日本優勝の反応

坂本花織2019フィギュアスケート世界選手権FSに海外の反応は?

Embed from Getty Images

以下よりコメントを訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。


カオリ GO GO GO


カオリ自信を持って GO!


カオリーーー グッドラック!!


泣く準備は整ったわ。ありがとうカオリ


カオリは私が一番好きな日本人女子選手なの。珍しいかしら?


カオリ、飛び立つのよ


あぁぁぁ、氷に出ていくサカモトの緊張した面持ち。君ならできるさ。


あぁぁぁぁ、カオリ、大好きだ-


カオリはとても美しいね。それにこの衣装も超プリティだよ。


なんて美しいんだ


彼女のジャンプへの入りはおそらく女子の中では最も難しいと思うわ


これがカオリ・サカモトの初めての世界選手権だということを忘れていたよ。彼女はこれまでのところすばらしい仕事をしている


ノーーーーー


おぉ、ちくしょう、最悪だ


カオリの着氷は今日はお休みのようね


ノーーーー シングルフリップ ノーーー


世界選手権をキャンセルさせてくれないかな。どうもありがとう


これはメダルにサヨナラってこと??そんなのイヤよ!


マジか


ノー!!!カオリのポップ(ジャンプの抜け)、なんで!!!このプログラムは超傑作なのに


ワンダフル2A。なんて美しくて、すばらしく優雅で、表現力が豊かで、とても音楽性が高くて、全体を通してスケーティングの質の高いスケーターなの。彼女は芸術家よ。抜けたフリップは本当に残念だったわ!それでもめちゃくちゃゴージャスよ!


私が応援している選手みんなにかけられている呪いは何なの


このプログラムが大好きよ。最高に構成されたこのプログラムで金メダルを獲って


細部にも工夫が施された静かなプログラムね。


スパイラルの前のフットワークがすばらしいわ


ノーーーカオリのジャンプがパンクした?!でも群衆が拍手で彼女をサポートしているのが好きよ。すばらしい戦いね


あぁぁとても悲しいわ


カオリの3Loで僕はやられたよ


カオリが何位になるのか分からないな


カオリは現時点で、女子選手の中では一番好きなスケーターなの。彼女がどれほど美しく、息を呑むようなスケーティングをするのか、言葉では言い表せないわ。


サカモトが2つの大会で傷心するなんて信じられない

関連:「表彰台であるべき」坂本花織2019四大陸選手権FS海外の反応


これは楽しいプログラムだからパンクは痛かったわね


カオリは女子選手の中で最もスムースな流れがあり、手の所作も最も柔らかい。本当に本当に美しいよ


何があろうとカオリはすばらしいよ!!君は本当に一生懸命努力したし、よく戦った。お願いだから自分で自分を苦しめないでくれ。僕たちが君を支えるから


ザンネンなフリップ!大きな犠牲を払ったカオリ・サカモトのミス。それでもこのフリースケートは傑作だよ。プログラムのハイライトは美しいスパイラルと彼女の笑顔だね!


あぁ神様、そのスコアは・・・あぁキリスト、全ての日本の女の子がみんなメドベデワより下になってしまった・・・心が痛いけど、彼女たちは大いに誇りに思ってくれ!

関連:2019世界フィギュアの日本女子「表彰台ナシ」に戸惑う海外ファンの反応


カオリ、泣かないで。あなたは素晴らしかったわ


あぁ、全ての原因はあのフリップね!


彼女のリンクカバー率とスピートは本気でスゴイわ


カオリの2A-3T-2Tは、ぼくが彼女のスケートについて感じていることをまとめている。大きくてパワフルで、未完成。彼女はフリップをあまりに早く着氷してしまったね。ミドリ・イトウも時々同じ問題を抱えていたよ。


今シーズンの彼女は、一年をかけて、

技術面はもちろん表現面においても

誰もが実力を認めるレベルにまで進化したと思います。

 

今回の結果は相当悔しかったことでしょうが、

彼女にはもともと、揺るぎない基礎技術と

恵まれた身体能力があるので、

このレベルに到達してもなお

まだまだ伸びしろはたくさんです。

 

正直な話、

今後4回転を跳ぶジュニアの子たちが参戦してきても

世界トップになるポテンシャルは十分だと思います。

(もちろん新たな武器=技は必要でしょうが、

彼女ならやってくれるでしょう!)

 

まずは国別対抗戦で納得行く演技をして、

スッキリした気分で今シーズンを終えられるよう祈っています。