海外「世界記録を超えた」羽生結弦2019全日本選手権SP

2019年全日本フィギュアスケート選手権の男子SPで羽生結弦選手が首位に立ちました。

 

圧巻、断トツの素晴らしい演技でした!

110.72は非公認記録ではありますが、世界新記録に値するスコアです。

 

それでは海外の反応をご覧ください。

関連:海外「今すぐ帰って眠って」羽生結弦2019全日本選手権FS/2位

 

羽生選手の記事一覧はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

羽生結弦に関する記事一覧

羽生結弦2019全日本選手権 SP「秋によせて(Otonal)」動画とプロトコル

 

秋によせて(Otonal)

作曲:ラウル・ディ・ブラシオ
振付:ジェフリー・バトル

スコア:110.72(TES:62.33/PCS:48.39)

SP順位:1位

 

プロトコルはこちら

 

関連:海外「最大のハグを」羽生結弦2019グランプリファイナルSP

羽生結弦2019全日本選手権SPの海外の反応

以下よりコメントを訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。


あぁユヅルの番だぁ…


ユヅル ガンバッテ


ユヅル・ハニュウが本当にナショナルで滑ってる(泣)


ユヅルは完璧


<ジャッキー・ウォン>

シーズン前半から構成を変更し、3Aの前にコンボを跳んだ。

ユヅル・ハニュウのもう一つの優れたパフォーマンスだね。


彼が大好き。


ユヅル・ハニュウもクリーンなスケート!ナショナルの1つのグループの中に、確実にワールドクラスのショートプログラムが2つ。


もしユヅルのPCSが46より低かったら首が吹っ飛ぶ。


ユヅルとショウマはともにナショナルでクリーンな演技をしたわ。ワクワクする。


ユヅル、みんながあなたを誇りに思ってるよ。


私はユヅルが大好き。知らなかったの?私はユヅルが大好きなのよ。


やったねユヅルのクリーンなSPだぁ!

4T-リッポン3T→ツイズルの流れはゴージャスね。


ユヅル最高


やったーーー彼はやったわ!


今日の神の祝福とご加護に感謝します。


私は震えてるわ…手もまだブルブルしてる。私、失神するかも。


GOEと技のレベルを見て


我が息子のユヅルは真のアイススケートの王子だね。

関連:海外の反応「キラキラ王子様」羽生結弦2019GP NHK杯SP


彼のTESはなぜ彼のことを嫌うの?


彼にふさわしいスコアを与えたらだめなの?


ありがとうユヅル。


みんな、私たちは健康なユヅルがナショナルで滑り、母国で驚くほど素晴らしいパフォーマンスする、という世界に住んでいるのよ。


あなたが一番よユヅル♥


正直な話、ユヅルがコンボを前半に持ってくるというこの構成に落ち着くとは思わないわ。

もし彼が新しいプログラムを持っていたのならルッツを加えていたと思うけど、オトナルの構造では少し難しいわね。

でも彼はコンビネーションを積み戻していないわ。


ブライアンとジスランは興奮して笑いながら、一方でユヅは座って自分自身を見つめている。


ユヅルの(高さ)66cmの4Tと41cmの3T!!!


マイ・ボーイはなぜ微笑まないの?


クリーンで健康的なユヅ!!私はあなたを誇りに思うわ。

疲れと時差ボケがあるにも関わらず一生懸命戦ったわね♥♥♥♥


なんてこった、本当にやりよった!!


ユヅル、私の目には涙が浮かんでいるのよ。

ただただパーフェクト。芸術面と技術的才能のトータルバランスが取れているわね。

私はステップシークエンスで光を見たわ。

ユヅルのスケートを要約する十分な言葉が見つからない。

ジャッジは正しいスコアを与えたわね。

欠点のないスケーティングとはこのことよ。


ユヅルが笑った。神に感謝。


これぞユヅル・ハニュウ!!!


ユヅルがパフォーマンスで人々を動かしたわ。

唯一無二!!


(笑)ものすごいスコア。

私は彼の笑顔のためにここにいるのよ。


マイ・ボーイは彼の世界記録を超えたわ。

関連:「また世界新」羽生結弦2018グランプリシリーズ・ロシア大会SPの海外の反応は?


「あなたは見ていて最高」君の言うことは正しいけど、それをジスランにも言うべきだよ。


ユヅルは真のアジアの友。


110.73 !!!!!!!!!!!!!


これだけ疲れていたのにも関わらず、このような素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたユヅルを誇りに思うわ。チャンピオン♥


ユヅルは本当に傑出してるね。


 

4年ぶりの全日本は見ているこちらがなんだかソワソワしてしまいましたが、結果はノーミスの素晴らしい演技!

そして美しいがすぎる!

 

構成変更が功を奏しましたね。

 

3Aの着氷が羽生選手比で完璧ではなかったのがちょっとだけ惜しかったのですが、つまりまだ伸びしろがあるということですね。

 

110.72は非公認記録にはなりますが、おそらく公認試合でこの演技をしても同じレベルのスコアを出せていたのでは?と思います。

 

それだけ非の打ち所がないプログラムでした。

 

海外コメントにもありましたが時差ボケは大丈夫なのでしょうか?

 

羽生選手はいつも現地入りが遅めのイメージなのですが、時差ボケのコントロールをどのように行っているのか前から気になっているんですよね。

 

フリーもこの調子でクリーンに揃えられたら新たな伝説誕生は確実ですよね!羽生選手、まずは明日ゆっくり疲れを取ってくださいね。

 

羽生選手の記事一覧はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

羽生結弦に関する記事一覧

 

この記事をシェアしてやってください!