【海外の反応】デールマン、クリケットからグラナイトへ移籍!コーチは現行リー・バーケル

チームクリケットに所属していた、カナダのガブリエル・デールマン選手が2019年6月より拠点をトロントのグラナイトクラブへと移し、リー・バーケルコーチに師事することになりました。海外の反応をご紹介します。

ガブリエル・デールマンがクリケットからグラナイトへ移籍

 

この投稿をInstagramで見る

 

Gabrielle Dalemanさん(@gabby_daleman)がシェアした投稿

ガブリエル・デールマン選手は羽生結弦選手も所属するチームクリケットクラブ(TCC)のメンバーでした。

 

そんなデールマン選手が、2019-20シーズンより、拠点をグラナイトクラブ(トロント)へと移し、新たな挑戦を始めるようです。

 

デールマン選手といえば2017年の世界選手権銅メダリストですが、それ以降は不安障害や摂食障害、うつといった精神不安による症状に悩まされ、2018-19シーズンにはグランプリシリーズを欠場していました。

 

その後世界選手権に出場し、復調の兆しが見えた中での決断だったようです。

 

デールマンのコーチ、リー・バーケルとは?

Embed from Getty Images

↑写真右がバーケルコーチ

 

ガブリエル・デールマンのコーチはクリケットフラブ時代からメインコーチを務めていたリー・バーケルです。

 

リー・バーケルはジェフリー・バトルや織田信成さんのコーチを務めた経験があります。

2014年にクリケットクラブのコーチとなり、デールマン選手やゴゴレフ選手などの指導にあたっていました。

 

今回、デールマン選手はコーチと共に拠点を移したということですね。

 

クリケットの指導方式を知り尽くしたバーケルコーチとともに移籍するということは、クリケットの指導方法が合わなかったというよりも、環境を変えて新たな気持ちでスケートに取り組みたかったという意味合いのほうが強いように感じます。

 

デールマン選手を理解しているバーケルコーチと継続してチームを組めることはデールマン選手にとって大きな意味があるのではないでしょうか。

 

ちなみに同じくバーケルコーチの教え子だったゴゴレフ選手は今シーズンすでにチーム・ラファへと移籍しています。

 

デールマン選手にとってもバーケルコーチにとっても移籍は今が最適なタイミングだったのかもしれませんね。

 

関連:宇野昌磨が樋口&山田コーチから卒業し新拠点へ!海外の反応は?

 

ガブリエル・デールマンの移籍に海外の反応は?

<コメント和訳>

「新たなホーム、グラナイトクラブで、これまで共に過ごしてきた素晴らしいコーチ、リー・バーケルと一緒に新たな旅を始めるのが楽しみです。(P.S これはグラナイトクラブのポスターの表紙なの。本当に名誉なことです。)」

 

 

以下よりコメントを訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。


「オリンピアン、世界選手権銅メダリスト、カナダナショナルチャンピオン・・・」こうやってあなたの功績を書いていると、なんて素晴らしい選手なんだと思うわ。


ギャビー大好きよ!!!グッドラック、このシーズンを楽しんでね!


今日、そこであなたを見たわ!あなたは素晴らしかった!


おめでとう、素晴らしいポスターだね。


わぁ、君とリーの新たなスタートに幸運を祈るよ!


ギャビーがんばってね!!


この写真大好き。


頑張って!幸運を祈るわ!


やったねギャビー!君のトゥ(つま先)を置いて行かないでね。トゥが君をグラナイトへ連れて行くことはできないんだから。ダジャレなしに成功はないよね。


<グラナイトクラブ>

ようこそ、ギャビー!


Go ギャビー GO!


ブライアンとはもう一緒にやるつもりは無いの?


グッドラック!!リーとのコンビが大好きだったよ。


もうクリケットではやらないの?


何だって!?クレイジーだね!!


ガブリエル・デールマン、君が手に入れた新しい挑戦に、幸運を祈るよ。


私たちをあなたの練習の見学に招待してね!


いいね!


 

デールマン選手の新たな挑戦を応援する声が多かったです。

 

カナダ女子選手の層が薄いと言われていた中で、デールマン選手とケイトリン・オズモンド選手が一躍世界トップレベルの選手にのし上がりました。

 

しかし、オリンピック後、オズモンド選手の休養→引退でデールマン選手にのしかかるプレッシャーは、はかり知れないものがあったのかもしれません。

 

力強い演技の反面、きっと心は繊細な選手なのでしょうね。

 

それでも挫けずに前を向けるデールマン選手を心から尊敬します。

 

今シーズン、心からスケートが楽しめるといいですね。

 

関連:ヴィンセント・ジョウが濵田組へ!木下グループとの契約に海外の反応は?

 

この記事をシェアしてやってください!