「何人が予想できた?」ザギトワ2019世界選手権FPと優勝に海外の反応は?

Embed from Getty Images

 

2019年フィギュアスケート世界選手権女子フリープログラム。

 

ショートプログラム1位でリードしていたザギトワ選手ですが

フリーも気合で大きなミスなく滑りきりました。

 

結果はもちろん優勝!

 

ハイレベルで大接戦のフリーの戦いの中、

頭一つ抜きん出たスコアを叩き出しました。

 

関連:「私も幸せ」ザギトワ2019世界選手権SPの海外の反応

 

 

では海外ファンの反応をご覧ください。

アリーナ・ザギトワ2019世界選手権FS「カルメン」動画

 

カルメン

作曲:ジョルジュ・ビゼー
振付:ダニイル・グレイヘンガウス

スコア:155.42(TES: 81.16/PCS:74.26)

FS順位:1位

総合順位:1位(237.50)

 

プロトコル(クリックで拡大)

準備中です。

 

関連記事「疲れている」ザギトワ2018GPファイナルSPの海外の反応

ザギトワ2019フィギュア世界選手権FS海外の反応

以下よりコメントを訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。

 


オーマイガー。これがメドベージェワとザギトワを見られる最後の大きな大会になるのかな?今シーズンのロシアナショナルがあまりに殺伐としていたから、来シーズンは何が起こるか分からないよね。これが世界選手権で彼女たちを見られる最後の機会になるだろう!


マサルはあなたと共にいるわ、アリーナ


観客はカルメンを良しと認めていないね。


アリーナは絶好調ね


狂ってるよ。彼女はナショナルで5位に終わり、欧州選手権ではジャンプで転倒して2位になり、それからこのように回復して、世界選手権で優勝するんだ。なんてこった。彼女と結婚したいよ。これはけっしておとぎ話の出来事ではないんだ。


このコンボでGOEが+1以上つくの???


アリーナーーーーーーーー


僕は誰かのスケートで病みたくはないんだよ。タダ、世界チャンピオンが、ずさんでめちゃくちゃな音楽ではないプログラムで勝利することを望んでいるだけなんだ。


やったぁ、アリーナ


これは金メダルじゃないの?


アリーナ・ザギトワがついにカルメンを克服したわ!いくつかのジャンプは不安定に見えたけど、彼女は全てを着氷させたわね。彼女はユナ・キムに続いて、全てのメダルを手に入れる二人目の女子選手になるでしょうね。


アリーナ!ものすごいシーズンの終え方ね!!!彼女をめちゃめちゃ誇りに思うわ!


これは9ポイントに値するスケーティングスキルじゃないね


ついにアリーナがやってくれた!うれしいよ


なんてことよ!アリーナがクリーンに滑りきったわ!私は超震えてる!おめでとうアリーナ!!!!!


ザギトワは今日とってもスローだね。慎重なジャンプだったけど、これは勝つだろう


今シーズンの彼女を思うと、シーズンの終盤の世界選手権でアリーナがこんなにすばらしいスケートをするとは思っても見なかったわ。よかったね。


アリーナのパーフェクトな演技!


終わりに向かうにつれて少し不安定になったけど、アリーナはこの世界選手権で救済されたね。


<Nick McCarvel >

世界選手権がザギトワとメドベージェワの対決になるなんて、数ヶ月前(いや、数週間前でさえ)に何人が予想できたんだろう?


みんな、オリンピックで起きたことについて辛口なことは決して言わないけど、私はここにいるアリーナのことが嬉しくてしょうがないの。彼女の努力の結果よ。


カルメンの女王


驚異的なマイベイビー!私は嬉しいわ!去年の世界選手権の惨事や、多大なストレスや、今シーズンの体型変化に苦しんだ後なんだもの。


アリーナ・ザギトワが2019年の世界チャンピオンだ!!


ユナ・キムとアリーナ・ザギトワだけが全てのメジャー大会で優勝した女子選手ね。


クイーン・アリーナ


エテリチームのシニア女子がワンツーフィニッシュだから、みんな文句言えないぞ


 

関連:「オーバースコア」ザギトワ2018GPフィンランド大会SPの評判

 

一瞬ヒヤッとするようなジャンプも、意地で耐えてみせたザギトワ選手には、ベテランのような風格を感じました。

 

彼女の中には女王としてのプライドがしっかりと根づいているのでしょうね。

 

世界で頂点に立った選手には、彼らにしか分からない世界が見えているのかもしれません。

今回のメドベージェワ選手にも同じような意地を感じました。

 

今大会はザギトワ選手が頭一つ抜き出ましたが、

正直誰が勝っても不思議ではなくなったなという印象を持つほど、

多くの選手がレベルを上げてきていると感じました。

 

個人的にはこの大会が女子の歴史のターニングポイントになりそうな気がしています。

 

来季は4回転ジュニアたちもシニア参戦のようですが、

それ以上に現シニア女子たちの進化も期待できそうな気がしています。

 

この記事をシェアしてやってください!