海外の反応「不死鳥」宇野昌磨2019全日本選手権4連覇/FS

2019年全日本フィギュアスケート選手権男子フリーが行われ、宇野昌磨選手が大会4連覇を果たしました。

 

まだまだ完全復活には道半ばかと思いますが、最後まで集中を切らさない素晴らしい演技でした。

演技中に心からの笑顔が自然と出てきたことがなにより喜ばしいことです。

 

関連:海外の反応「泣かないで」宇野昌磨2019グランプリフランス杯FSキスクラで涙

 

それでは海外の反応をご覧ください。

 

宇野昌磨2019全日本選手権FS「DANCING ON MY OWN」動画とプロトコル

 

Dancing On My Own
振付:デビッド・ウィルソン

曲:カルム・スコット

スコア:184.86(TES:94.14/PCS:90.72)

FS順位:1位

総合順位:1位(290.57)

 

プロトコルはこちら

 

created by Rinker
¥200 (2020/02/28 00:10:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

関連:海外「確実に戻ってきた」宇野昌磨2019全日本選手権SP

宇野昌磨全日本フィギュアFSと優勝の海外の反応

以下よりコメントを訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。


ウノ・ショウマ-サンTIME!(私が彼の名前を聞くのが好きな理由は聞かないで)


ショウマはこのフリーでまた私を泣かせようとしているわ!


ショウマ、ガンバーーーーー


ショウマのジャンプ あわわわ


あのコンボ!スゴイ!


そう、その調子その調子


ショウマはフリーで3つのコンボを跳べることを思い出したのね。

ステフの魔法は最高だわ。


ショウマ、あなたのランディングは本気ですごい。


転倒することなく滑りきったショウマは私にとって良いエネルギーだわ。


ウノはいつものようにGOEでばかげたオーバースコアだね。


ショウマ・ウノあなたが大好き


ショウマ♥彼は帰ってきたわ!


ショウマがとても幸せそうで私は号泣…


ショウマに話しかけるステファンに私の頬が緩むわ。


ショウマがやりきった!


ショウマ!!!超~~~~~~~~~~~~~~良かった!


美しい、美しいわショウマ。


プログラムの最後に微笑むショウマにとてもホッとしたわ。

長い間ひどい旅をしていたからね。


本当にショウマが笑っていることが全てよ。


なんてこと!ショウマのプログラムは決して空っぽではなかったってことよね?


私もいますごく嬉しいわ。


ショウマのランディングを見るのがどれほど恐ろしいことか忘れていたわ。私は一回もジャンプしてないのに膝が痛い…


ショウマが184.86、トータル290.57で1位に。


ワォ!優勝おめでとう!


わぁ!全日本選手権4連覇は意外!

ランビエールのもとへ移ったのは明らかに有益だったね。

演技中彼は幸せそうだったし、ジャンプを降りたあとに笑顔になっていたわ。

彼は再び自分自身を信じてた。次は世界選手権で輝かないとね。

ショウマ、幸運を祈るわ!


大きく改善していたわ。

多くの技術的なトレーニングを必要とする奇抜なランディングは健在ね。

でも今回のパフォーマンスはハラハラさせられなかったわ。

私はステファン・ランビエールが介入してくれたことが本当に嬉しいの。彼らが取り組んできたことを必ず見ることができるはずよ。よくやったわショウマ!


今回の彼はなにか違ったわ。

突然火が付いたような感じ。

将来このコーチングチームのもとで彼にどんなことが起こるのか楽しみだわ!


不死鳥ショウマ♥私も嬉しいわ。


ショウマには大きな違いがあって、それはオープニングポーズのときの顔全体を見れば分かったわ。

彼は自分ができると分かっていた。疑う気持ちは去っていたの。

 

技術的に完璧なスケートではなく、いくつかの問題を抱えていたにも関わらず素晴らしいスケートだったわ。

ランディングの堪え方もすごいし、彼は落ち着いてパニックにならなかった。


ショウマはとても良くなり始めているわ。

私は彼の新プログラムの音楽を両方大好きよ。

彼に”修正”が必要なのはジャンプ語の着氷しない方の足の氷からの高さだと、長い間思っているの。いつも低いから氷にぶつかりそうで心配。

新コーチのサポートで彼が足を伸ばすことができるよう願うわ(真っ直ぐだけど氷からの高さが不十分)。

ステファン・ランビエールは素晴らしいアーティストだから、芸術性のサポート面では優れているけれど、男子シングルのトップに立つためには(その可能性はある)、ショウマは特別なジャンプコーチを雇ったほうが良いわ。


申し訳ないけど、金メダルは理解できない!

たとえ彼が良いスケーターであると認めているとしても。

 

>あなたは誰が優勝に値すると思うの?

 

>おかしなことじゃないよ。ハニュウは彼のパフォーマンスでは勝てなかった。ウノは1位に値するよ。

 

>私はクリーンな演技をした人に1位を与えられたのだと思うわ(ユヅはミスをした)。
私はGOEを理解できない。彼の着氷は滑らかではなかったから。でもジャッジたちはほとんど何も(ポイントを)差し引いてないのかな?

 

>私たちは彼のために喜んであげられないかな?
アリーナは平昌で金にふさわしかった?タラは長野で金にふさわしかった?オクサナはリレハンメルで金にふさわしかった?サラ・ヒューズはソルトレイクシティで金にふさわしかった?
それらはすべて観念的なことで、あなたにはあなたの考えがあるでしょう。
もちろん今回がウノにとってベストなパフォーマンスではなかったわ。
でもこの勝利はまさに彼に今必要なものだったの。
これは彼に大きな自信を与えただろうし、おそらく新しいコーチとともに近いうちにベストパフォーマンスを私たちに見れせてくれると思うわ。
リラックスして、この瞬間に満足して、調整はコーチと生徒に任せましょう。
ユヅルがショウマを祝福できるのなら、私たちだってそうできるはずよ。


 

今できることを確実にこなしました。

優勝候補筆頭の羽生選手が疲労のためミスを連発したこともあり、お互いにとってベストを尽くせた大会ではなかったですが、ギリギリで踏ん張った宇野選手に軍配が上がりましたね。

 

スピンステップのレベルもしっかり揃えましたし。

 

そして何より気持ち・自信って本当に大切だなぁと改めて感じさせられた試合でした。

 

宇野選手のようなトップレベルの選手でもメンタル如何で演技が別人のように変わるんですもんね。

 

ランビエールコーチに救われて本当によかった。

 

宇野昌磨第二章はここからが本当のスタートかもしれませんね。

 

シーズン後半が楽しみです!お疲れさまでした。

 

 

 

 

この記事をシェアしてやってください!