海外の反応:織田信成が濱田美栄コーチをモラハラ提訴!

2019年11月18日に織田信成さんが、濱田美栄コーチからモラハラを受けたとして提訴をしたことを発表しました。

 

織田信成さんも濱田美栄コーチもフィギュアスケート界では名のしれた方々。

 

この件に対する海外ファンの反応をご紹介します。

織田信成がモラハラで濱田美栄コーチに損害賠償請求

フィギュアスケート元日本代表の織田信成さんが、関西大学アイススケート部の監督を辞任したのはハラスメントが原因だとして、部のコーチに損害賠償を求める訴えを起こしました。

18日午後、大阪市内で会見に臨んだ織田信成さん(32)は「(ここ数ヵ月間)理由もなく敵意をずっと向けられ続けてきたと感じているので、恐怖心は、すごく感じていました」と話しています。訴状によりますと、織田さんは2017年に関西大学アイススケート部の監督に就任して以降、部に所属する濱田美栄コーチにリンクの使い方や練習時間について指摘したところ、無視されたり陰口をたたかれたりするなどの「モラルハラスメント」を受けたということです。織田さんは大学側に相談したものの対応してもらえなかったといい、体調を崩して9月に監督を辞任。精神的苦痛を受けたとして18日、濱田コーチに慰謝料など1100万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴しました。関西大学は「アイススケート競技がシーズンに入ったこの時期に、提訴がなされたことは大変残念」だとしています。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00023932-asahibcv-spo

織田信成さんが、濱田美栄コーチからモラハラを受けたとして損害賠償を求める提訴をしたことを発表。

 

濱田美栄コーチといえば、紀平梨花選手、宮原知子選手、白岩優奈選手、本田真凜選手、細田采花選手、太田由希奈さんらを育ててきた日本屈指の名コーチです。

 

濱田コーチの手腕は海外からも評価されており、今シーズンからはヴィンセント・ジョウ選手(アメリカ)や、ユ・ヨン選手(韓国)といった各国トップクラスの選手の指導にもあたっています。

 

一方の織田信成さんはオリンピック出場経験もあり、現在もプロスケーターとして活躍する、知名度の高いスケーターです。

 

そんな二人のトラブルに関するニュースは、海外ファンの耳にも届いており、ファンフォーラムで話題に上がっています。

織田信成の提訴のニュースに海外ファンの反応は?

以下よりコメントを抜粋&訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。


双方にとって良い結末を迎えられますように。


なんとまあ!


<日本>オダのブログはすでに更新されているよ。


<日本>

ノブのブログを読んだよ。

彼が以前にそうしたように、英語での彼自身の発表を待つべきだと思う。

ブログはおそらく弁護士の監督下で注意深く書かれているから、誤解や混乱を避けるために専門家が正確に訳す必要があるわ。

とにかく、彼は先週末にロステレコム杯の解説者として素晴らしい仕事をしていたよ。彼のプロ意識を尊重するわ。


100,000ドルとは大金だね。

この問題の全容を知りたいな。

 

>失った賃金や機会を考慮すれば、その金額が多いとは思わないけどね。

>そうでもないかな。
もし彼がそれを受け取ったとしても(その額が大きかったとしても)、おそらく弁護士に費用を支払った後にはそんなに残らないと思う。それよりももっと根本的なことなんじゃないかな。
もしハマダが何かを感じれば、彼らは訴訟を取りやめるのではと想像するよ。

 

>>ハマダは自分が無実であると思っているなら、最も賢いのは、勝てる可能性があるとしても落ち着いていないことだよ。
落ち着いていると不幸にもいつも人々は疑いの目を向けてしまうからね。
それはまったく間違っているけど、現実はそんなもんだよ。
スコットランドでは損害賠償は弁護士費用などに追加されるけど、日本ではどうなんだろう。


まぁ!これに対して日本の役人たちはどう反応するんだろう。

きっと彼らは調査をはじめないといけないわね。


うわー。びっくり!

 

追記:このニュースに私がどれだけ悲しんでいるのかも書き加えないとね。

ハマダは信頼できる立派なコーチだといつも思っていたよ。

彼女のために、そして彼女の生徒たちのために、これが真実でないことを望むよ。

とはいえ、オダが嘘をついて彼自身のキャリアを危険に晒す理由もないよね。

私達にできることは裁判を待つことだけだと思うけど、どちらにしても悲しいな。

 

>彼女がオダに対する嫌がらせやいじめを申し立てられる前から、生徒の髪を引っ張ったり、体を傷つけたりするなどの報告はあったよ。
どういうわけかこれはほとんど議論されておらず、無視されてきたの。

 

>これがすぐに解決されることを望むわ。
そしてこれが関大リンクの文化を何らかの形で改善することになることを願ってる。


無実を証明したり、反証するためには裁判所に行くほうが良いとは思うけど、それがハマダやオダの生徒のトレーニングにどんな影響を与えるのか少し心配だな。

そうは言ってもサトコは現在トロントに拠点を置いているし、リカはコロラドスプリングス(?)で何度もすごしているから、騒動を避けるためにそこへ行くこともできるだろうね。

でもハマダチームの他のスケーターたちはそんなオプションを持っていない。

 

>不快な空気(これはしばらくの間明白だったにちがいない)がサトコをトロントへと向かわせたのかな。
ハマダは問題を簡単に解決できる状況ではないと知っていて、そしてトップの生徒たちに影響を与えたくなかったから、トロント行きを勧めたのかもしれない。
誰が悪いとか関係なく、スケーターたちに影響を与えないように、問題を迅速に解決することを心から願っているよ。


私は日本文化にあまり詳しくないから、知っている人に聞きたいんだけど、日本社会はこの対立をどう見ているの?

彼らにはおそらく従属関係があると思うけど、オダの行動が哀れだと見なされるのかな?

上司(ハマダ)と部下(オダ)の争いは良く思われていないの?

オダは上司を訴えようとして苦労している?

それとも、日本社会はハマダにたいして違った見方をしていて、コーチや同僚としての彼女の倫理に疑問を持ち、この問題を調査するのかな?


質問。ウノの元コーチは誰だった?

それとヴィンセントと一緒にトレーニングしているのは誰?

関連:ヴィンセント・ジョウが濵田組へ!木下グループとのスポンサー契約締結に海外の反応は?

 

>ショウマのコーチはミホコ・ヒグチだったよ。
ヴィンセントについては、現在学校に行っているから、ハマダとたくさんトレーニングしているかどうかは定かではないよ。

 

>>ありがとう。ショウマの元コーチが大好きなの!!!彼女が問題のコーチじゃなくてよかった!!


ハマダは日本のフィギュアスケート界の女帝であり誰も干渉できない。オダはコーチングに干渉したことを謝罪するべきだった。

 

>誰の偉業もパワーハラスメントを正当化するものではないよ。


オダは”ただのコーチ”ではなかった。

彼はスケーティングディレクターであり、監督だったのよ。

ハマダの地位は良くても同等だったわ。

これは上司と部下の関係ではないの。

基本的に彼はリンクやクラブのポリシーを実現しようとしていたわ。そして彼はハマダが彼に対する嫌がらせをしたことを否定しようとしていたと主張しているわ。

もちろん、文化的な観点から、スケート歴における従属関係とみなすことはできる。

 

サトコに関して:中国杯では会場にミエ・ハマダがいたのにも関わらず、リー・バーケルだけキスクラに同席していたことが多くをもの語っているわ。

関連:「優雅さの定義」宮原知子2019GPS中国杯FSと2位に海外の反応は?


これが「最愛のコーチ」に関するスレッドを少し不快に思っている理由だよ。

みんな実際の指導の様子を知らないし、もちろん試合のときの観客やカメラの前でのコーチたちの振る舞いに基づいて判断できるわけでもない。


 

ハマダコーチファンにとっては驚きのニュースだったようです。

しかし、ハラスメントは許されるべきではないこと、教え子たちに影響が及ばないように願う気持ちは共通しているようですね。

 

日本は上下関係に厳しい国ですし、熱血指導や苦しみに耐えてこそ上に行けるという根性論が支持される傾向の強い国です。

 

こういった文化は特に欧米では理解されにくいでしょうから「日本の文化がわからない」と戸惑う人がいるのも頷けます。

 

海外ファンのコメントにもありますが、訴訟がどのような結果になるにせよ、現在頑張っている選手たち、そして未来のスケート界を担う子たちがよりよい環境でトレーニングできる日が早く訪れることを願います。

 

この記事をシェアしてやってください!