「変化は犠牲を伴う」メドベージェワ2018グランプリ・フランス杯FSの海外の反応は?

Embed from Getty Images

グランプリ・フランス大会FSでエフゲニア・メドベージェワ選手は5位となり総合で4位。初めてグランプリで表彰台から漏れました。

 

彼女の晴れない表情と”らしくない”演技には心配の声が多数寄せられています。

メドベージェワ選手のFSに対する海外の評価をまとめました。

 

エフゲニア・メドベージェワ2018GP・フランス杯FS「ムムーキ&リベルタンゴ」動画

 

ムムーキ&リベルタンゴ
演奏:ヨーヨー・マ
振付:デヴィッド・ウィルソン

スコア:125.26(TES:57.46/PCS:68.80/減点:-1.00)

順位:5位(総合4位)

プロトコル(クリックで拡大)

メドベージェワ2018GP・フランス杯FSの海外の反応

以下よりコメントを訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。


ジーニャ、心を強く持って、心配しないで私たちはあなたと共にいる。大好きだよ!!


彼女は練習では素晴らしかった。これは100%メンタルの問題と彼女は大会後のインタビューで語っていたわ。彼女はフィジカル的には今でも、以前行っていた全てのことができる。ただメンタルを向上させることが必要ね。私たちはジーニャを今でも愛しているし、信じているわ♥

>彼らは上手く行かなかった時ケガやメンタルを言い訳にする。
>いい?彼女は今、明らかに多くの困難を体験しているところなの。私は個人的には失敗の理由や”言い訳”を気にかけていなわ。私はエフゲーニャをサポートするためにここにいるだけよ。


う~ん、メドベージェワのルベリはグレイシー・ゴールドよりも良かったよ。だけど、日本の10代の選手の”ツナミ”やエテリ門下の来シーズンシニアに参戦するだろう3人の若手の脅威に直面して、彼女はどんなチャンスを得るというんだろう?


ジーニャ走って!ロシアに戻ってきて!あなたとあなたの成功を必要とする人たちのために…


彼女はとっても残念だったね。彼女はとても感情的な音楽を感情的に使えることで知られている。彼女はこのスタイルに固執すべきだよ。僕たちは有名選手が名声の半ばで音楽のスタイルを変えようとしたら何が起きるかを知っている。エテリと彼女のチームの選曲は優れている。スケータの特性に合わせて音楽をチョイスするのは偉大な技術だよ。申し訳ないけど、これは勝者の音楽じゃない。これは気落ちする音楽でエフゲーニャの芸術的な個性に確実に合ってないよ。彼女の新しいコーチや彼女自身が自分たちになんと言い聞かせようが関係ない。


とても悲しいよ。彼女が大好きなんだ。


エフゲーニャは偉大なスケーターよ。あんな大ケガの後でもリーダーの一員でいるんだから。コーチを変えたことは彼女と新コーチにとっての偉大な勝利だわ。

>なんの勝利???


オーサーがやること全てが悪いわけじゃない。エテリは彼女をトップに押し上げた。彼女の表現はもっと心配だよ。ルッツのアウトエッジはシズニーやカロリーナのルッツのように保持されるべきだし、変化した演技は全体通して感銘を受けるものではなかったよ。申し訳ないけど、その音楽は彼女が衰退したように感じてしまう。

>変化には時間がかかるの。まだたったの数ヶ月よ。

>そうだね。だけど時間と共に彼女は改善されるはずだったのにどんどん坂を下っているよ。

>エテリは彼女のルッツのエッジやプレローテーションに関して何も対策してなかったわ。
>変化には大きな犠牲を伴う。以前のチームは彼女の間違いを大目に見ていた。オーサーが彼女を受け入れた時に、彼は技術を再建するための困難なタスクを彼女に与えて、それに時間がかかっているんだよ。数ヶ月でフルッツを矯正することはできないし、矯正が必要なのはジャンプだけに限らないんだ。
それに、彼女の現在のチームがSPのあとにどのように彼女を励まして、モチベーションを上げさせたのか聞いたの?彼らは技術面だけではなく、教え子のメンタルサポートに関しても最高のチームの一つだよ。
どちらかと言うと、今の彼女は過去のトレーニングの成果と戦っているんだ。スケートレッスンのビデオを見て、エテリのジャンプ技術がスケーターの年齢や成長とともに持続的ない理由を学んでみて。

>私たちが分かっていることは、結果だけが重要であり、それに基づいて彼女はエテリとともに世界チャンピオンになったということ。オーサーとでは彼女はファイナル進出の資格さえ獲得できなかったということ。以上。
>言い訳が乏しいね。だったらこれがSPのあとにコーチから励まされ、モチベーションを高めた人の顔なの?メドベージェワはエテリと一緒のときはいつも自信にあふれていた。今彼女は”メンタルをサポートしてくれる”人々に囲まれて、死んだ表情で心ない悲惨な演技をしている。メドベージェワは18歳まで良いジャンプを跳んでいたけど、その後ルッツの矯正のためにカナダへ(ジャッジは他のジャンプについて今まで批判したことなかった)-そして今は全てが崩壊していて、インサイドエッジだけが今までどおり明白に残っている。


彼女の頭の中にあるを知ってとても悲しいよ。彼女は自分に厳しすぎた。すべてのスケーターがある時点で苦闘する。彼女はすでに2度の世界チャンピオンでオリンピック銀メダリストだから失敗で注目されるのが不幸だね。

>彼女はシーズン始めからプレッシャーでいっぱいだった。みんなが、銀メダリストの彼女がロシア人以外のコーチに変えたことを嘲笑した…それに以前のコーチが彼女が失敗した時に笑ったなんてことも言われて。うーん、もしあなたが彼女だったらこれらを気にしないようにできますか?私はそうは思わないよ。

>人々が彼女のキャリアの動向を批判していることについて同意するよ。「影で笑っていた」のを丸々信じてはいないけど。エテリは彼女のことを溺愛していたようだったし、彼女の成長を見つめていたようにさえ思ったよ。エフゲニアはいつも自分自身を超えることと真の競争相手は自分であるという考えを持っていた。けれど、あなたも分かっているように、彼女は時々一歩下がって休息しなければならない。私は決して自分がうまくできるとは言っていないし、彼女を責めてもいないよ。単純に彼女は少しリラックスした方がいいって言っているんだよ。


とても悲しいよ。私たちのジーニャはどこへ?心配だな。また笑顔が無い!報道が過剰すぎるよ…彼女は偉大なフィギュアスケーターをお休みしてるの…彼女は強いのよ!

>ジーニャは彼女がいたい場所にいるんだよ!心配しないで


正直、彼女の実際のパフォーマンスを見ているよりも彼女が落ち込んでいるのを見ている方がもっと辛いよ。でも私たちはみんな、最初のダブルアクセルから荒れたスケートになるって分かってたと思う。ハァ。残りのシーズン、エフゲニアに最高の幸運を!!


彼女はこれ以上のスコアを期待できなかった。彼女には改善点が山程あるわ!

>もし彼女が2つの3Tと2Aに失敗しなかったらスコアはもっと高かったのにね。


今日は彼女の日じゃなかったね、なんて言えないよ…この子は目標から離れていってるし何かが間違っているわ。それにこの音楽を選んだ人は責められるべきよ…これは絶対に彼女のスケートの何のためにもなっていないわ。

>えぇと、FSについては彼女自身が選曲してるんだけど…


今でもあなたを信じているし、あなたが大好きよ。


女王は死んだ。

>この女王は死んだけど、女王アリーナは長生きだ!
>アリーナはエフゲニアの代替とは言えない。


次世代のクワドジャンパーたちと共に彼女がオリンピックチームを組めるのか、もしくは彼女がそのトライを続けるのかどうか私は懐疑的です。


エフゲニアは今でも僕の氷のプリンセスだよ。


彼女の演技後の笑顔が恋しいよ。それにこのFS、魂がこもっていないように感じた…


恐ろしく退屈なプログラム!

>音楽が退屈。あなたはうつ病になるよ。


批判的なコメントが多数。

ですが批判の内容は様々なようです。

  • 音楽やプログラムが彼女にふさわしくない
  • 彼女のコーチ陣への不満
  • 彼女のコーチを変えるという選択の是非
  • 彼女自身のメンタルを案じる声

 

きっとファンの皆さんは彼女の表情からさまざまなメッセージを受け取ってのでしょうね。コメントの多さからも彼女の人気の高さが伺えます。

 

彼女自身、相当な努力をして頂点まで登りつめたアスリートですからこの決断にもこの先の苦労にも相当な覚悟を持って挑んでいるはず!もがきながらも前を向いて進む女の子を応援したいと思います。