海外の反応は賛否両論!紀平梨花が2019-20新FSプロ”International Angel of Peace”を初披露

2019年THE ICEで紀平梨花選手が今シーズンのフリースケーティング「International Angel of Peace」を世界初披露しました。

今回のFSは多種多様な曲を使用し一つの平和という壮大なテーマを表現する難易度の高いプログラムです。

そして3Aはもちろん4回転導入も視野に入れている超高難度プログラムには海外ファンの注目があつまっています。

紀平梨花THE ICE2019新FS「International Angel of Peace」動画

「International Angel of Peace」

使用曲:O Virtus Sapientae(Arr.M.Beiser for Cello&Electronics) (Maya Beiser)/Beirut Taxi(Alexandre Desplat)/Wings of The Eagle(Uttara Kuru)他

振付:トム・ディクソン

 

 

関連記事:「全てのGOEを!」紀平梨花が世界新!2019国別対抗戦SP海外の反応

紀平梨花THE ICE2019 FS「International Angel of Peace」海外ファンの反応は?

以下よりコメントを訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。


(動画投稿)どうもありがとう!!

私はこのプログラムが大好き。

それに彼女のサルコウとルッツはとっても見事だわ!!!
でも彼女は他のジャンプに問題があるわね。

とくにトリプルアクセルね。

でもまぁこれはアイスショーだから。

彼女はシーズンの初めまでに修正すると思う。

そして初戦のオータムクラシックでやってくれるでしょう!!!


GO リカ!


グッドラック リカ!試合で圧倒してほしいな。


美しい音楽に素晴らしいプログラム。

僕は正しい技術でとんだジャンプの失敗は気にしないよ。

Go リカ!

アップロードありがとう。


この音楽はとても美しいわ。

キヒラがもしショーでトリプルアクセルを跳んだら素晴らしいわね。

>ジャンプは失敗したよ。

>照明が邪魔なんだよ。


魅了されるとても美しいプログラム!!


カッコイイプログラム。

壮大だね。

ジャンプは試合でキメてくれるはず。全てはまだ先の話だよ。


興味深い。

彼女はまだ克服する必要があるわね。ジャンプやその他全てにおいて…

この選手は間違いなく可能性があるわ。


今シーズンのショートとフリーのどちらの音楽についてもファンではないと言わざるを得ないよ・・・。

2つはとても異なっているけど、おもしろい手法ではないね。

少なくとも、実験するにはふさわしいシーズンだとは思うけど。


よくやったわ!うつくしい滑りね。


このプログラムの初お披露目であるということに留意しよう。

彼女らはただ、この作品を世に出して、何が機能し、何を改善すべきかを見ているんだ。

彼女は昨シーズンも同じ戦略を実行し、結果を得た(グランプリデビューで最高のFSのうちの一つを手に入れた)。

僕からしたら彼女が照明やリングサイズといった条件の悪いアイスショーでも、ほとんどのジャンプを試しているということが信じられないよ。


彼女はステップシークエンスのいち部分で明らかに新しいスタイルに試みているけれど、それらは本来のように鋭く意識的なものではないね。

シーズンが始まった時によくなるでしょう。


女の子は滑りや身長、体型、全てが変わる。

今シーズンはまともな競争をするのが難しいだろうね。


アクセルが乱れた!それにこのプログラムは彼女には似合わないよ!


彼女の次のシーズンの音楽のチョイスは全然良くないわね。

>あなたの言いたいこと分かる。

私は彼女のスケートを本当に楽しみにしているんだけど、今年は特に好きではないわ。


このプロフラムは興味深いわ。

でもキヒラはうまくいってない。

性格(気質)が物足りないのよ。

これは日本のプログラムではないわ。

最後のものすごく壮大な音楽は日本女性のためのものではないわ。

イメージが頭に浮かび上がってくるけど、目に見える光景ですぐさまイメージが断ち切られる。


彼女の踏切がとても浅いように見えるのはなぜ。

 

>いつも試合で使用するリンクと同じサイズじゃないからだよ。

それは彼女の動きの一部がぎこちなく見えることにもつながっている。

彼女はスペースが足りなくならないように配慮しているから。


リカにダニイル(・グレイヘンガウス)のプログラムを与えるべきかもね。

彼は”音楽カット”の方法を知っているから。※皮肉と思われます。

 

>そうだね。君は彼女を助けてあげるべきだよ。

 

>彼は音楽カットの方法なんて知らないよ。


うーん、見ていてとても退屈だったな。

アメリカ人の振付師のところへ行く必要なかったんじゃない?

昨シーズンの”ストーム”ははるかに良かったわ。

 

※昨シーズンのビューティフルストームもトム・ディクソン振り付けです。

 

関連:「リカチュウがサンダーボルト」紀平梨花2019四大陸選手権優勝とFS海外の反応


彼女は安定したアクセルを跳べないね。


すばらしいプログラム!シックなキヒラ!


個人的には、彼女は音楽を表現するのがあまり得意ではないと思う。


つまり、この子はトリプルアクセルとクワドでエテリガールズを倒そうと考えているってこと?

様子を見てみよう。

自分は彼女を軽視しているわけではないけど、みんな大きなゲームの話をしているんだ。
ぼくに言わせれば、大半の3Aで失敗しはじめて、最終的に世界選手権で表彰台を逃した昨シーズンですら、3Aの本数は彼女にとって負担になっていたんだ。

それでいていま彼女は今シーズンに4回転をできると考えているの?

まぁ…これは単なるエキシビションだってことは分かってる。でも今後何が起こるのか見てみよう。

 

>興味深い”ゲーム”になると思うよ。

だってエテリガールズは昨シーズンにときどき2Aを失敗してたし(アリーナ、アンナ)、ステップシークエンスでさえも失敗した(アリョーナ)からね。
全体的に、エテリガールズは十分な安定性がなかったから、彼女たちは次のシーズンにもっとよくなると結論付けられたんだ。

エテリの2人の少女たちは4回転を跳んでいるけど、3Aは跳んでない。

キヒラは4回転を練習しているだけでなく、3Aを試合で跳んでいる。
キヒラが特にSPでもっと3Aをコンスタントに跳べるようになり、クワドガールズよりも高いコンポーネントスコアを得られるのなら、彼女は少なくとも表彰台に上がることができるはずだよ。

関連:紀平梨花とヴィンセント・ジョウがSBSで4S披露!海外の反応は?

 


このプログラムならザギトワや他のシニアデビューのエテリ門下の少女たちに敗北しないね!


 

個人的な初見の感想は「想像の上を行く難しいプログラムだな」でした。

昨シーズンのFSもかなり難しかったように思いますが、それよりも更に一段レベルを上げてきている気がします。

 

それは技術的な面ももちろんですが、表現の面でもです。

 

紀平選手に合わないとか表現力が足りないなどの否定的意見もありますが、あの紀平選手の技術力・表現力を持ってしてもまだハマりきらないほどこのプログラムは難しいのかな…と。

 

言い換えれば紀平選手のようなの高次元で穴の無い選手でないとこのプロは滑りきれないのではないでしょうか。

 

長くなりましたが、海外ファンにはもう少し長い目で見守ってほしいところです。きっと紀平選手なら素晴らしいプログラムに仕上げてくれるはず!

 

 

 

 

この記事をシェアしてやってください!