「全身に鳥肌」女子初!アリサ・リウが4Lzと3A2Tを同時成功に海外の反応は?

Embed from Getty Images

2019年フィギュアスケートジュニアグランプリアメリカ大会女子シングルで、14歳のアリサ・リウ選手が優勝しました。フリースケーティングでは4回転ジャンプ(しかもルッツ)と3A2Tのコンビネーションを

どちらも決めるという女子史上初の快挙を成し遂げました!ではFS海外の反応をどうぞ!

アリサ・リウ(リュウ)JGPアメリカ2019「New World Symphony 」動画

 

New World Symphony

演奏:ジェニファー・トーマス

振付:ローリー・ニコル

スコア:138.80(TES:80.14/PCS:59.66/Ded:-1.00)

順位:1位

総合順位:1位(トータルスコア:208.10)

 

プロトコル(クリックで拡大)

 

 

SPの動画はこちら↓

 

アリサ・リウJGP2019アメリカ FSと優勝の海外の反応

以下よりコメントを訳して掲載しています(ニュアンス翻訳ご了承ください)。


さぁ時間だ。


3Aコンボと4Lzがあるから、1回か2回はミスが許されるね。


モンスタースコアが来るぞ…


(4回転成功)うわー!

関連:「歴史を作った」トゥルシンバエワ4回転サルコウ成功!2019世界選手権FSの海外の反応


OK、クレイジーだ。


2本目の3Aはかなりひどかったね。

グッジョブ、アリサ。


そうだよ。アリサは半端ないんだ。


ワオ!

もし彼女がタイツをブーツに半分かぶせるのを止めてくれればイライラが解消されるんだけど。


GOアリサ!

3Aと4Lz(しかもクリアなアウトサイドエッジ)を成功させたんだ!

2本目の3Aは失敗したけど、これはものすごいスコアになるぞ!


彼女は4回転と3Aを一つのプログラムで成功させた初めての女子選手じゃない?

 

>そうだね。


私はSPの方が好きだけど、これはスゴイ結果になるでしょうね。


言葉が出ない。

彼女の才能は信じられないわ。

他の惑星からやって来たみたい。


これは僕が見た中では初めての彼女の回転が足りてる4Lzだよ。

彼女はファイターだ!


彼女がリンクで、いつもと変わらない一日かのように振る舞う姿がいいね。


ワォ、なんてすごいテクニカルスコアなんだ。


wwwロシア人と日本人以外の選手はこの5年間JGPで勝ててなかったんだよね。

関連:「スキャンダルだ」トゥルソワ2019世界ジュニア選手権FSと優勝の海外の反応


冗談抜きで、彼女が2本目の3Aを失敗してけっこう安心しているんだよね。

彼女には伸びしろがあるってことだから。

テッド(・バートン)は3Aと4Lz両方の回転が足りていると言ったわ。


えっ!?何!?

アリサ・リウがクワドルッツを計画しているなんて知らなかったわ。

私は何を目撃したの?

全身に鳥肌が…。ブラボー、アリサ!


アリサは国際大会でクワドを成功させた4人目の女性ね。

おめでとう。


アリサ、驚いたよ。

素晴らしいスケート。


TESとPCSの点差を見て!

これはいいことだわ!

私が思ってたように高くならなかった。

彼女には特にスケーティングスキルなんかを改善する道があるわね。


コーチがアリサのスケーティングスキルやスピードにもっと取り組まないといけないことと、ジャンプが全てではないということに気づいてくれるといいな。

彼女はこの2つの部門で改善する必要があるもの。


誰かがたずねる前に。

はい、アリサのFSのスコアは全ての男子を破りました。


多くの点で”初めて”に:

女子で初めて競技で4回転と3Aを着氷。

2013年依頼JGPを獲得した最初のアメリカ人女性。

 

見事なテクニック。

それ以外ではまだたくさんやらないといけないことがあるけれど、これからも(競技は)続いていくからね。おめでとう。


今シーズンもアリサ・リウ選手、スゴイですね。

演技後、歴史的快挙に沸く観客席とは対象的に、本人はミスを悔いてかいたって冷静だったのが、いい意味で恐ろしく感じました。

 

関連:「フィギュアスケートの未来」アリサ・リュウ(リウ)が最年少で2019年全米選手権優勝!海外の反応

 

皆さん言うように、彼女にはまだまだ伸びしろが十分あると思いますが、スピンも美しいですし、決してジャンプだけに偏った選手ではないので、今シーズンのさらなる進化が楽しみです。

 

 

この記事をシェアしてやってください!